スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け22巻感想(ネタバレあり注意)

君に届けの22巻感想です。ネタバリありなのでご注意を!

3年生になった爽子たちは、それぞれの未来について真剣に悩んでます。
自分のやりたいことって何なのか?好きな人と離れてしまうのか?
応援したいけど、できない気持ち。自分だけが取り残されてしまうんじゃないかっていう気持ち。
自分が高3の時ってどんなんだったけな~?と振り返りながら読みました。


まず、千鶴と龍の話に関して。
まぁ、くっつくっていうのはわかってた話なんですけど。なんですけど!
実際そうなるとドキドキしますね~!笑
まさかいきなりキスするとは、ね。笑
まぁ、龍は何年も何年も我慢してきたわけですからね~。。


そのまま龍は千鶴の家に泊まることになるのですが、
千鶴が龍を見送った後、なんだか足を引きずってますよね。
あれって、もしかして…どこかが痛いのか?
と無粋な考えをしてしまうのは自分が歳を取った証拠ですかね。あぁ嫌だ。笑


あやねちゃんは、「つきあってください」って言葉はいらないって言ってたけど、
でもね、やっぱりけじめは大事だと思うんですよね。
長い付き合いだからこそ、なし崩し的な、なぁなぁな感じになりやすいじゃないですか。
そこはけじめとしてしっかり言葉がほしいー!
女子ってそういうもんじゃないのかなぁ。
でも千鶴はそんなこと言われたら恥ずかしくて素直になれないのかな。

-------------------------------

ムリめな大学を目指して、寝る間も惜しんで勉強するくるみちゃん。かっこいいですね。
私は安全圏な学校を選んだので、心に突き刺さりますね(._.)
頑張ってる人が近くにいると、自分も引っ張りあげられるか、いや、私には無理だ…の2択になると思いますが、
私はどっちかっていうと後者ですね(笑)
爽子はもちろん前者で、あやねちゃんも前者であることを願います。
頑張ってケントにわかってもらえるといいなぁ。
頭がいいっていうのも才能だからね、ぜひ上の大学に行ってもらいたいものです。
爽子も、最終的には教育大に決める気がしますが、最良の選択ができるといいですね。


23巻はまだ手に入れてないので楽しみです!




スポンサーサイト

ハリーポッターと賢者の石



言わずもがな、有名な作品ですが。
私が中学生の頃上映となりました。
映画より先に本を読みました。
すごーい大好きな作品。映画、本ともに。映画は何回も見ましたね。

第1作のダニエル・ラドクリフ君は本当に可愛い。
これが最終作にはあんな顔つきになるなんて…。笑
主役のハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は適役で、この3人以外考えられないですね。
もちろん、スネイプ先生やダンブルドア校長先生を始めとした他の方々も!
校長先生は途中で変わってしまいましたが…。(>_<)

全作通して見た後に改めて見ると、スネイプ先生の行動が切なく感じます。
ハリーのことはいけ好かないけど、眼がお母さんそっくりだからね。
守ってあげたい気持ちと、でも昔の嫌なことも思い出して…。葛藤があったのでしょうね…。

私の中で不朽の名作です。

大切な同期

社会人1年目から同じ部署だった同期が、31日で他の部署に異動になります。
寂しい。。
まだ実感があまりわかないけど。。


4年半、あっと言う間だったなぁ。
数え切れないくらい一緒にご飯に行ったり飲みに行って、グアムやハワイにも一緒に行った。
国内旅行もたくさんしたなぁ。

仕事の愚痴を話しながら、ファミレスに4時間くらい居座るのがザラにあったなぁ(笑)

特に1年生の頃は毎日がいっぱいいっぱいで、一緒に泣きながら乗り越えたなぁー。
この同期がいなかったら、もう今頃辞めてるかもしれない。。

今ではプリセプター2年連続でやったり、お互い成長した...と思いたい。

そんな4年半の感謝の気持ちを込めて、今アルバムを作ってます( ´▽`)





スプラックブック、作るの楽しい♪
クラシック名曲の作業用BGMを聴きながら作業中です(^-^)

花火大会

今日は、とある花火大会に行ってきました!
今年の夏、4回目の花火大会。
4回目にして、やっとまともに花火を見ることができました。

と言うのは、

葛飾花火大会:雨天中止。浴衣着て行ったのに直前のゲリラ豪雨に遭う。びしょ濡れ。

隅田川花火大会:雨天中止。15時から場所取りしたのに開始20分くらいでゲリラ豪雨に遭う。これまたびしょ濡れ。

東京湾大華火祭:友人が今夏一番の暑さにやられたため、やむなく車でお台場に向かいドライブがてら花火をチラ見。


長い間晴れ女で通してきた私、
今夏より雨女デビューを果たしました。。

しかし、花火はやっぱりいい!
日本人は江戸の時代から何百年と、
花火と共に夏を過ごしてきたんだろうなーと思いながら見てました。

たまやー!かぎやー!の言葉が生まれた経緯しか知らない私。
花火はどうやって発展したのか調べてみた(^o^)/


中国は10世紀ごろ、ヨーロッパでは貴族の遊びとして14世紀頃から花火は存在していた模様。
日本では室町時代、戦で死んだ人々を弔う意味で打ち上げられたと言われてるけど定かではない。
火薬は当時貴重なものだったのでそんな使われ方はしないだろう、との見解がある。

それが江戸時代に入り、戦がなくなると、花火を専門に扱う火薬屋が出始めた。
外国から花火の技術も入ってきて、花火は発展していった。
弥兵衛が鍵屋を創立し、6代目になった頃には両国の川開き(吉宗が、当時流行ったコレラと飢饉による死者に対する慰霊と悪霊退散を目的とする水神祭り)が毎年夏に行われるようになり、それに合わせて花火を披露するようになった。

玉屋は、鍵屋から暖簾分けした清吉が創立した。
んで川開きでは両国橋を挟んで上流を玉屋、下流を鍵屋が受け持つようになった。
人々は花火を見ながら、優れている方の屋号を叫んだ。
「たまやー!」「かぎやー!」と。
実際、玉屋のほうが優れていて浮世絵とかには玉屋の花火が多く描かれてたり、
当時の歌にも玉屋の花火の方が登場するらしい。

でも1843年に玉屋が家事を起こして、江戸から追放になった。
でも鍵屋、玉屋それぞれ暖簾を守り続け、特に戦時前後は危機を迎えながらも、現代も花火屋として続いてるそうな( ´▽`)

ちなみにカラフルな花火が開発され始めたのは、様々な化学薬品が輸入され始めた明治時代から。
最初は化学薬品の正しい扱い方が周知されてなかったために、開発中に爆発などの事故が起きたり大変だったみたい。
でも職人さんたちが諦めず開発をしていったから、今の多彩な花火があるんだろうなぁ。。素晴らしい。。


と、いう花火の自由研究をしてみたとさ!

私のこと。

私はごくフツーの社会人でございます。
面白くもなんともない人間です。
関東でひっそりと生きています。


趣味は写真を撮ること(どヘタです)、
ゲーム、漫画、2Chまとめスレを読むこと、妄想などです。
趣味で撮った写真を載せてます↓
PHOTOHITO


あとは、年一回の海外旅行を生きる糧として日々仕事に励んでます。
国内旅行も好き。
たまに弾丸旅行もします。
旅はいいですね。
旅の途中、印象的なことがあったり、綺麗なものを見たりすると、ずっと心に残りますね。
楽しかった旅の話もそのうち書いていこう。


ちなみに、このブログ、私が高校生だった時に使っていたものを再び使い始めたものです。
期間としては2004~2008までブログに日記をつけていたんですが、
振り返って読んでみるとこっ恥ずかしいことばっかり書いていたので全部非公開にしてやりました(笑)
だからカテゴリに「バイト」とか「高校」とかあります。
今はきちんと定職についていますので悪しからず~!!

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。